中間処理

自社リサイクル工場で、
がれき類から再生骨材を製造しています

秦野市の北村興業は、神奈川県の許可を受けた中間処理施設を自社で保有し、
産業廃棄物の再資源化に取り組んでおります。
循環型社会の実現に向けて、再生骨材は公共工事でも利用が推進されております。
各種土木工事に必要な再生砕石・再生砂は弊社にご用命ください。

再生骨材とは

解体工事や建設工事で排出されたコンクリートやアスファルトのがれき類を中間処理施設で適正に処理し、建材としてリサイクルしたものが再生骨材です。建材の再資源化は、天然資源と自然環境の保全に役立ち、最終処分量を減らすことができます。北村興業は厳密な品質管理のもと、再生骨材の製造と販売、土木工事での利用で、循環型社会に貢献します。

再生骨材の販売詳しくはこちら

神奈川県の許可を受けた自社リサイクル工場で製造した再生骨材を、
各種土木工事・建設工事向けに販売しております。

土木工事詳しくはこちら

自社で製造した再生砕石・再生砂は、自社で請け負った
道路工事や造成工事などの土木工事にも使用しております。

再生骨材の生産工程(RC-40)

  • 運搬

    現場や工場に運搬

  • 前処理

    がれき類から金属や木くずを除去し
    小割粉砕機で処理

  • プラントへ投入

    前処理したがれき類を
    パワーショベルで投入

  • クラッシャー破砕

    破砕


  • 手選別

    除去できない木くずやごみを
    手作業で除去

  • 磁選機選別

    破砕された廃材から
    鉄くずを磁力で除去

  • ふるい選別

    粒度を選別しRC40とRC10、
    2種の再生砕石を製造

  • 完成

中間処理許可品目

破砕に係るもの:ガラスくず、がれき類

※取扱う産業廃棄物は、特別管理産業廃棄物であるものを除く。